ご挨拶

今、日本の住宅寿命は30年と言われています。それに対しイギリスでは144年、アメリカは103年です。

メンテナンスしていけば50年、100年、200年と代々受け継いでいける家と成ります。しかしながら現在、木造住宅の主流となっている構造材(家の骨部材)はというと、人工乾燥材(強制乾燥材)です。本来の木材の乾燥方法は天然乾燥(自然乾燥)となっています。

古民家に使われている古材は強度が最も増し、円熟している状態だと言えます。そのような古材を再利用する事は、環境面の視点から見ても良い事です。
新民家はそのような古材を建物の一部に再利用することはもとより、その新民家自体が将来古民家となる家の事を言います。新民家は先人が培ってきた家造りを学び、国産の自然乾燥材を使っています。それは日本の豊富な森林資源を有効に活用し元気な山を取り戻す事にも繋がるのです。

未来の子どもたちの為、生き生きとした山を残し、知恵・匠を子孫へと継承する家。それが新民家だと思います。

島根県新民家推進協会
代表理事 山田 晶美